雑記

若手理学療法士は運動機能をしっかり診よう

マー君世代の理学療法士です。

認定理学療法士(循環)、心臓リハビリテーション指導士、糖尿病療養指導士の資格を生かして学生、若手PT、一般の方に向けて専門的で分かりやすい情報を発信します。

今回は、学生4年生や若手PTは運動器疾患から勉強すべきです。

というお題で話をしていきたいと思います。

目次

  • まずは運動器から診よう
  • オリジナリティの出し方

まずは運動器から診よう

よくこんなことを聞かれます。

どんなところに就職したら良いですか?

まずはどんな疾患から勉強から始めたら良いですか?

今回は、これに対する自分なりの答えを書いていきます。

結論、運動器疾患から勉強すべきです。

内部障害領域の理学療法士が言うのですから本音ですよ。笑

理学療法とは、基本動作の改善です。

動作の成り立ちを解剖学・生理学・運動学に基づいて考えられなければ、いくら他の分野に特化していても、私はダメだと思います。

現在の医療は、高度化かつ広範囲になっています。

昔のような、ザ・整形疾患の患者さん!みたいな方って本当に減っているし、内部疾患の既往歴が何もないという方を探す方が難しい。

しかし、内部疾患についての評価がどれだけ出来たとしても、運動機能やADLを改善することはできません。

運動機能やADL改善するための、一手段として内部疾患を診れることは重要だと思います。

しかし、動作を診るということが、理学療法士の一番のアイデンティティーと私は考えています。

私自身、新人PTの頃は脳卒中患者さんを中心に診ていましたので、ある程度動作を診るということや運動機能レベルで問題点を考察するというトレーニングをしてきたつもりです。

ですが、新人の頃から運動器疾患をしっかり診てきた別職場の後輩PTには理学療法士として敵わないなという経験を度々してきました。

また内科の単科病院へ出向したときに、出向先の新人PTが運動機能について全くと言って良いほど診れていなかったということも目の当たりにしてきました。

運動機能について、それなりに診てきたはずの自分、しっかり診ている後輩PT、考える機会がほぼなかった出向先の新人PTを比較して、

理学療法士として一番スキルが高いのは誰か?

と考えたときに、

まずは運動器疾患から診るべき!

という考えに至りました。

もちろん、内科の単科病院にいる患者さんでも理学療法をする上での考え方は変わりません。

運動機能をしっかりと評価するということに変わりはありません。

しかし、そこに勤めているスタッフがどれだけ運動機能について考えながら介入しているのか。

新人の頃は、周囲のスタッフの考えに大いに影響されるはずです。

そのような文化がないところでは、なかなか運動機能をしっかりと診れるようにならないでしょう。

病院、施設、在宅、など領域や場所は問わず、運動器をしっかりと診ようという文化のある職場がいいですよね。

オリジナリティの出し方

運動機能を診れるということは、理学療法士にとって当たり前のことですので、そこで個性を発揮することは難しいと思います。

さらに、今後は手術の進歩などもどんどん進んでいくでしょう!

散々、運動器疾患を診るべきと言っておいて少し矛盾しているように感じる方もいるかもしれません。

最初は運動器疾患を診て、次のステップへ!ということです。

これから内部疾患は高齢化に伴い爆発的に増えていきます。

というか、現在進行形です。

そこで、「運動機能×心臓リハビリテーション」、「運動機能×呼吸理学療法」という形で、派生して行くことが良いのではないかと思います。

心臓リハビリテーション指導士をはじめとする内部疾患系の資格は、多職種が取得可能ですからね。

「理学療法士としての色」を出しやすいかもしれません。

内部障害系の学会に参加すると、内科医の発表なんだか、理学療法士の発表なんだかよく分からないというものがあります。

それでは本末転倒です。

我々は内科医ではありませんからね。

しっかり理学療法士の視点が必要だと常々考えています。

ベースの運動機能をしっかりと診ることさえできれば、内科医擬きの理学療法士にはならないと思います。

さて、今回の話は以上になります。

まとめると・・・

まずは運動器疾患をしっかりと診るべき!

そこから、他の分野に派生してオリジナリティを目指そう!

 

皆さんは、どんなキャリア形成をしていきますか?

理学療法士が転職するときに考えることマー君世代の理学療法士です。 認定理学療法士(循環)、心臓リハビリテーション指導士、糖尿病療養指導士の資格を生かして学生、若手PT...
理学療法の実習生がすべき情報収集 循環器編マー君世代の理学療法士です。 認定理学療法士(循環)、心臓リハビリテーション指導士、糖尿病療養指導士の資格を生かして学生、若手PT...

この記事が参考になった方は、Twitter(@310_PT_BASE)やInstagram(310_PT_BASE)もやっていますので、フォローよろしくお願いいたします。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です