雑記

【若手必見】働き方改革について理学療法士の視点で考えてみた

こんにちは。

若手理学療法士の皆さんは自分の働き方について考えたことがありますか?

話題の【働き方改革】について考えたことはありますか?

そもそも【働き方改革】とはどのようなものなのか?

どのように行動すれば良いのか?

など若手理学療法士で疑問を持っている方も多いと思います。

今回は【働き方改革について理学療法士の視点で考えてみた】をテーマにまとめていきます。

  • 働き方改革とは
  • 働き方改革の根本的な間違い

働き方改革とは

2019年4月1日より働き方改革関連法案の一部が施行され、現在、【働き方改革】は大企業だけでなく中小企業にとっても重要な経営課題の一つとして認識されています。

2019年度版の厚生労働省の定義によると【働き方改革】とは、働く人びとが、ここの事情に応じた多様で柔軟な働き方を、自分で選択できるようにするための改革のことです。

そもそも【働き方改革】というのは、一言でいえば「一億総活躍社会を実現するための改革」といえます。

 

一億総活躍社会って?

なんだか難しい話になっていますが・・・。

一億総活躍社会とは、少子高齢化が進む中でも「50年後も人口1億人を維持し、職場・家庭・地域で誰しも活躍できる社会」のことです。

やはり【働き方改革】の背景には、人口減少が背景にあり、特に労働力人口の減少が想定以上に進んでいることが挙げられます。

引用:内閣府「人口・経済・地域社会の将来像」

このままでは2050年には総人口9000万人前後まで減少すると言われています。

ちなみに、労働人口は2060年にはピーク時の半分にまで減少してしまうそうです。

 

なんとかして労働力不足を解決しないといけません。

そこで、3つの対応策が考えられています。

  • 働き手を増やす(労働市場に参加していない女性や高齢者)
  • 出生率をあげて将来の働き手を増やす
  • 労働生産性を上げる

 

しかし、これらを実現するためには3つの課題があります。

  • 長時間労働
  • 非正規と正社員の格差
  • 労働人口不足(高齢者の労働促進)

このブログでは長時間労働と労働人口不足(高齢者の労働促進)について述べていきたいと思います。

前提が長くなってしまいましたが、ようやく本題です。

 

働き方改革の根本的な間違い

長時間労働の是正と聞いて、皆さんはどう思うでしょうか?

労働時間が減って嬉しい!
アフター5が充実する!
休日は趣味に没頭できる!

 

というように考えるかもしれません。

しかし、そんなに良い面ばかりでしょうか?

これは【今よりも早く帰ってプライベートの時間を増やせば幸せである】

という前提で成り立っています。

しかし、これは正しいのでしょうか?

 

長時間労働を是正する一方で、高齢者の労働は促進されます。

【働き方改革】は、多様で柔軟な働き方を、自分で選択できるようにするための改革です。

終身雇用は終焉し、個人の能力・責任が求められます。

つまり、長時間労働の是正というところだけを切り取ってしまい自己研鑽を怠った場合どうなるでしょうか?

完全に取り残されます・・・。

いくら長時間労働が是正されても、これって幸せなのでしょうか。

人生100年時代ともいわれます。

我々の世代は高齢になっても労働しなければいけません。

そのときに、知識・技術がなくお金を稼ぐノウハウがなければどうなるでしょうか?

若い世代は、今から準備をしないといけない。

つまり、長時間労働の是正を闇雲に喜んでいる場合ではないのです。

 

 

長時間労働の是正で残業時間の短縮・有給休暇の取得率向上などは議論されてきています。

しかし、働いている内容についてはあまり議論されていないように感じます。

いくら長時間労働が是正されも、労働時間中が有意義でなければ意味がありません。

さらに、労働時間中(我々であれば臨床)を有意義なものにしなければ、知識と技術は向上していきません。

私の職場・部署でも残業時間の短縮や有給休暇取得率の向上は議論されていますが、9−17時の内容については全く議論されていないのが現状です。

ここを議論しなければ、本当の意味での働き方改革にはならないはずです。

 

 

さらに、2040年には人口10万人に対する理学療法士数は約3倍に増加するといわれています。

理学療法士と作業療法士の供給数は、現時点において需要数を上回っており、2040年頃には供給数が需要数の約1.5倍となるという結果も出ています。

俗にいう「手に職がある人は安泰だね」というのは通用しない時代が来ています。

今後は、もっと個人としての能力が試されるでしょう。

 

何が正しい・間違っているではなく、さまざまな意見があると思います。

私はこのような記事をきっかけに自分の働き方について見直す・改革するきっかけになってくれればと思います。

若い世代が多い職能団体だからこそ、若い世代が主体となってこの問題について考え・議論していく必要があると思います。

 

そこで私は、今年度から1人働き方改革として、自らの働き方を見直し・改革している最中です。

今度、私が行なっている1人働き方改革についても記事にしたいと思います。

 

いかがだったでしょうか。

認定理学療法士を受験した体験談を3つのポイントでまとめてみたこんにちは。 今年度の認定理学療法士の受験要項が発表されました。 このブログをみてくれている若手理学療法士の方も、今年度の受...

この記事が参考になった方は、Twitter(@310_PT_BASE)やInstagram(310_PT_BASE)もやっていますので、フォローよろしくお願いいたします。

こちらの記事もおすすめ!