雑記

統合と解釈 現象と原因という視点で考える

皆さん、統合と解釈は得意ですか?

先輩PTと後輩PTの間で、こんな会話がありました。

先輩PT:担当患者さんの歩行の問題点はなに?
後輩PT:立脚期で膝折れすることです。
先輩PT:では、膝折れの原因は?
後輩PT:大腿四頭筋の筋力低下です

このパターン・・・本当でしょうか?

これは事実でしょうか?

全体像が掴めない?患者さんをもっと知ろう…これだけです。 このような相談を実習生から受けることがあります。 簡単です。 患者さんをもっと知ろう。 ...

今回は、【目の前の起きている現象と原因はいつも違う可能性がある】という話をまとめていきます。

  • 現象と原因
  • 好きな人の涙
  • 体幹前傾=大臀筋筋力低下?

 

現象と原因

 

目の前の起きている現象と原因はいつも違う可能性があると言われても、実習生や若手PTはピンとこないですよね。

歩行中の膝折れの原因=大腿四頭筋の筋力低下!

A=Bみたいな考え方をしていませんか?

確かに教科書には、膝折れの原因として大腿四頭筋の筋力低下が挙げられているかもしれません。

しかし、目の前の患者さんで本当に教科書と同じことが起きているのでしょうか。

目の前で起きている現象は、なぜ起きたのか?

事実に基づく原因の追求をする必要があります。

例えば、膝折れの場合は大臀筋や下腿三頭筋の筋力低下、感覚障害・・・歩行のメカニズムが破綻していても起きる現象です。

 

決して、A=Bではありません。

 

好きな人の涙

 

難しい話ばっかりになって来ましたので、ここで例題です。

目の前で好きな人が泣いていたとします。

そのとき、あなたはどのように考えますか?

きっと、好きな人はなぜ泣いているのだろう?

と考えるはずです。

話を聞く前から、「悲しくて泣いているんだね」とは決してなりませんよね?

 

それはなぜか。

 

「泣く」という現象には、複数の原因が考えられるからです。

 

例えば、悲しくて泣く、嬉しくて泣く、感動して泣く、困ってしまって泣く、辛いものを食べて泣く・・・。

このように、「泣く」というひとつの現象に対して、なぜ泣いているのか?という原因を探しに行くはずです。

 

そして、1回目が悲しくて泣いていても、2回目も悲しくて泣いているとは限らないですよね。

同じ現象が起きても、原因は同じとは限りません。

つまり、絶対A=Bとはならないですよね。

もし、そのような方がいた場合は異性からモテないでしょう。笑

 

先ほどの、膝折れも同様の考え方だと思います。

歩行中の膝折れが問題だ!となった場合、そこで原因を追求しましょう。

なぜ膝折れが起きているのか?

毎回同じではないはずです。

体幹前傾=大臀筋筋力低下

これも実習生のサマリーあるあるです。

立位や歩行時に体幹が前傾する原因は、大臀筋の筋力低下である。

これは本当でしょうか?

様々な実習生が全員違う患者さんを見ているはずなのに、体幹前傾の原因はみんな大臀筋の筋力低下です。

これは目の前の患者さんで本当に起きていることでしょうか。

先ほどの例題から考えると、必ずしも同じ原因とはならないはずです。

ここまでブログを読んでいただいた方

会議中やデート中でなければ、その場で立ち上がって下さい。

そして体幹正中位のときの自分の大臀筋を触ってみてください。

次に、体幹を前傾した状態で同じく自分の大臀筋を触ってみてください。

どちらがテンション貼ってますか?

明らかに後者ですよね。

このブログでは詳しい解剖学や運動学の話はしませんので、なぜ体幹前傾位では大臀筋のテンションが張るのか自分で考えてみてください。

人間は「効率良く動く」ということをキーワードに進化してきました。

「効率良く動く」とは、最小エネルギーで動くということです。

この大原則から考えると、大臀筋が筋力低下しているのに、わざわざ大臀筋が頑張らないといけない非効率な姿勢をとりますか?

よく考える必要があるかと思います。

現象と原因を分けて考える。

いつも同じ原因とは限らない。

大切な考え方だと思います。

 

いかがだったでしょうか。

統合と解釈をするときに、A=Bのような考えではなく、目の前で起きている現象を事実に基づいて原因追及して行くことが大切だと思います。

 

この記事を読み終えたときに、若い人が自分のお尻を触ってくれていたら嬉しいですね。

 

統合と解釈 例を交えて3つのポイントを解説しますみなさんは先輩やSVにこんなこと言われたことありませんか? もしくは、 と感じたことはありませんか? ...

この記事が参考になった方は、Twitter(@310_PT_BASE)やInstagram(310_PT_BASE)もやっていますので、フォローよろしくお願いいたします。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です